スタッフブログ

2014年8月24日 日曜日

おはようございます。

久々の更新です。

今朝は、野球部の「野球肘」の中学生にKTテープを貼りました。
暑さと急いで来たせいで腕に汗が凄くて中々添付出来ず悪戦苦闘。
でも、なんとか貼れてよかった^^;

この選手の野球肘の原因。

元々、ポジションがキャッチャーなのですが指導者に「ピッチャーやれ」で
最近になって投球練習を始めたそうです。
その際に、ピッチャーとしての投球動作など指導とか注意は、無かったそうです。
急なポジションのコンバートは、選手にとってかなりな負担になるので
注意深く指導して頂きたいと実感しました。
昨日、今日の試合は、投げる動作の少ないファースト限定にしてのプレイですね。

野球肘の治療法としては・・・
ES-530による患部へのアプローチと
身体全体へのEMS通電でインナーマッスル強化と姿勢矯正です。
腹筋(主に腹横筋)と肩甲骨周りの筋に筋力を入れるのと同時に
胸部と僧帽筋上部の筋力を適度に抜いて肩甲骨の位置を修正することにより
投球動作をスムーズにしてあげる。
こうすることによって、肩と肘に掛る負担を減らしてあげる。
この治療法は、そのまま肩こりなどにも応用が利きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 伊沢接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒350-1307
埼玉県狭山市祇園10-14

【最寄駅】
狭山市駅

【電話番号】
04-2956-0405

骨折、脱臼、捻挫等の急患は院長の在宅中に限りどの時間帯でも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら